読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

賢く戦略的な起業家になるための集客とセールスを教える元メガバンク営業マンのブログ

元メガバンク営業マンが、たったの2ヶ月で700万円稼いで脱サラし、コンサルタントとして独立起業を可能にした集客やセールスのスキルをわかりやすく教えています。お問い合わせご相談はお気軽に。

セールスをかけて断られてからの一言で、あなたの集客が安定するかが大きく決まる。

f:id:y0cchl01y0cchl01:20170224101120j:plain

 

『セールスしても最近断られてばっかりなんですよね〜。』

 

と、頭を抱えてばっかりの人も多いはずです。

 

 

めちゃくちゃいい商品提案をしても、

どうしてもいろいろな都合で

断られることってあります。

 

NOになる大きな理由のひとつとしては、

『お金がない』

 

これは大きいですね。

 

 

まぁお金がないと言われても、

いろいろと切り返しトークってのはあります。

 

現実的にいろいろなお金の生み出す手段というのは

あるんですが、

それが本人の道理に合ってるかどうかは

別問題なわけですので、

 

『すみません、どうしてもお金が準備できないんです。』

 

となっちゃいます。

 

 

残念ながらこの人は、

お客さんにはなれなかったわけですが・・・

 

 

ここで質問です。

 

 

そんな人に、

あなたはさらに

何て声をかけますか?

 

 

その一言が今後のあなたの集客を

安定化させるのですが、

その大切さは意識されていますか?

 

 

断られてからかける一言があなたの集客を安定化させる。

 

 

セールスをかけて、

断られた相手にどんな声をかけるといいのでしょうか?

 

そもそも悪い例としては、

『何にも声をかけていない。』

 

そのままリリース。

 

これ、めちゃくちゃもったいない。

 

せっかく時間をお互いにとっていて、

少しでも興味を持ってもらったのに・・・

 

では、

なんて声をかけたらいいのでしょうか?

 

・・・

 

・・・それは、

『ぜひ紹介をくださいっ!!』

 

って声をかけられているかどうかなんです!

 

目の前の人がお客さんにならなかったら、

その人を、

『口コミの発生者』にするんです!!!

 

多くの人は、断られたら、

弱気になって、

『紹介をください』って言えないんです。

 

 

ただ、

そこで何も言えないようでは

その人との繋がりはさっさと切れてしまいます。

 

 

信頼関係が構築されている前提では、

そこで『紹介をください』と一言言っても

なーーーーーーんにも問題はありません。

 

 

集客を安定化させるうえで一番大切なことは、

『集客の仕組み化』

ができているかどうかです。

 

一つ目の歯車が動いたら、

次の歯車を止めないようにすると、

どんどん連鎖的に歯車が回っていくようになります!

 

口コミがさらに口コミを呼ぶ。

 

そうすれば、

あなたの集客は安定継続していきますよ!

 

 

目の前の人は、

『見込み客』なのか

『口コミ発生者』なのかの

しっかりとした見極めをしていく目を養っていきましょう!!